Z.O.E年代記


2014   地球の人口・環境・エネルギー問題がピークに達する。国際プロジェクト「軌道エレベーター構想」発表。
2022   月面基地第1号の完成を機に宇宙開発熱再燃。
2022   L1マスキャッチャー群完成・月面マスドライバー稼動開始。
2027   アンカー衛星の軌道投入に成功・軌道エレベーター建設スタート。
2034   国際プロジェクト「火星植民地化構想」発表。
2040   無人探査機が木星の衛星カリストに謎の平地を発見。
2045   軌道エレベーター完成・本格的な宇宙時代に突入。第一世代LEV、NUTにより宇宙開発に導入される。
月面資源採掘施設急増。
2048   L4・L5にスペースコロニー群建設開始。
2052   火星に有人基地設置・第一次テラフォーミングスタート。全世界で核融合発電が主力化。
2063   国連、化石燃料枯渇を宣言。核融合燃料源として木星圏開発が注目を浴び始める。
2067   カリスト有人探査・メタトロン鉱脈が発見される。宇宙特需時代。
2068   L4・L5コロニー群への移民開始。宇宙作業機としてLEVが急速に発展。
2073   火星の衛星フォボスとダイモスに恒久拠点建設開始。
2081   メタトロン応用による電子技術革命。
2093   メタトロンの空間圧縮効果の発見。
2104   ウーレンベック・カタパルト実用化。
2111   木星の衛星エウロパL5に恒久拠点アンティリアの建設を開始。
2123   ジェイムズ・リンクス誕生。
2126   レイチェル・スチュワート・リンクス誕生。
2130   火星第1次テラフォーミング完了・本格移民開始。月面開発徐々に下火に。
2135   火星植民地のひとつで細菌汚染発生・地球圏検疫ラインを強化。
2145   火星ダイモス基地にウーレンベックカタパルト完成。宇宙交通革命。火星移民ラッシュ・カウンティ制度導入。
2146   ディンゴ・イーグリット誕生。
2147   レオン・リンクス誕生。
2149   ノエル・リンクス誕生。
2150   ヴァイオラ・ギュネー誕生。
2155   ケン・マリネリス誕生。
2157   カンドール事件。地球圏とエンダーとの確執が深まる。
2158   火星のバシリア・カウンティ内に武装結社バフラム結成。
N.U.T.社、秘密裏にOFの基礎技術を確立。
レオ・ステンバック、セルヴィス・クライン誕生。
2162   レイチェル、火星圏へ。
バフラム、ノクティス基地にてOF試作機の開発に着手。
2167   ダイモス事件発生。反地球派士官ラダム・レヴァンズ、開発中であった試作OF・イドロを強奪。
UNSFのダイモス駐留軍の3分の2を壊滅させる。その後、地球軍と火星軍の共同戦線により、イドロ大破。
バフラム、イドロの残骸とラダムの身柄を回収する。
イドロの研究主任であったレイチェル、バシリア・カウンティの軍病院へと搬送。
機密漏洩防止のため、死亡扱いとなる。
バフラム、イドロの残骸を用いたOFの開発を開始。
2168   バフラム03中隊(指揮官:ディンゴ・イーグリット)、木星コロニー・アンティリアへのメタトロン搬送作業からの帰還の途中にUNSFの待ち伏せを受ける。
UNSFの圧倒的戦力の前に03中隊は全滅。カリストの民間労働者をも巻き込む結果となる。
ディンゴ、消息を絶つ。バフラム、ディンゴを死亡と認定。
バフラム、木星コロニー・アンティリアにて新型OFの開発を開始。
2171   「オービタルフレームの父」リコア・ハーディマン博士、ジェフティの作動実験中に事故死。
2172   国連軍、アンティリアを武装占拠。
レイチェル、OF・ドロレスの存在を秘匿。プロジェクトから外されノクティス基地へと軟禁。
ドロレス、エンダー号で地球圏へ脱出。
アンティリア事件発生。バフラムのOF中隊により、UNSFのアンティリア駐留軍壊滅。
ノウマン(=リドリー・ハーディマン)、開発中であった新型OF・アヌビスの奪還に成功する。
もう一方の新型OF・ジェフティの奪取には失敗。ヴァイオラ死亡。
リンクス一家、火星圏に到達。ノクティス基地よりレイチェルを救出する。
バフラムのルドガー・デュシアー将軍を中心とする一派による火星独立のクーデターが勃発。
だが突如として火星側のOFが次々と機能停止。
劣勢に追い込まれたルドガー将軍の自決により、クーデター沈静化。
軌道エレベーター倒壊危機。
ラダム・レヴァンズ率いるバフラムの一派の襲撃により、アンカーステーションの被害率20%を越える。
さらにセカンドステーション及びミドルステーションのパージという前代未聞の惨事が起こる。
2173   移民船ボナパルト傾罅▲瀬ぅ皀甲莪茲砲いて謎の墜落を遂げる。
ケイジ・ミッドウェル、新型兵器(=テスタメント)強奪の容疑で火星治安維持部隊により拘束されるが、反地球同盟BISの介入により脱出。
ケイジ、正式にBISメンバーとなる。
国連宇宙軍内部監査室長デジール・ゼフィルス更迭。
ヴェイル・シャトナー(=アレス)、火星全土を巻き込んだ大規模なクーデターを敢行。
ケイジとミオナ、地球圏へ。
バフラム、木星圏のウーレンベック・カタパルトを次々と封鎖。
アトランティス号は木星圏に閉じ込められることになる。
ジェフティとアヌビスの共鳴反応を懸念し、通常航行にて小惑星帯を通過、火星圏へ到達するルートを選択。
レオ・ステンバック、アトランティス号のクルーに志願。特務伍長としてV2・2号機の正パイロットとなる。
アトランティス号、火星と木星の間にあるセレス第3基地に到達。
アトランティス号、セレス第3基地周辺にてバフラム軍と交戦。
基地の戦力を囮に、ウーレンベック・カタパルトにてジェフティを射出、民間工場への引渡しの後解体するプランのもと行動を開始する。
ロック・サンダーハート、V2・1号機にて出撃。多数の無人機を撃破するも、戦死。
レオ、サンダーハートの口より作戦の意図を知り、射出ルートを木星衛星カリストに変更。
ジェフティはカリストの奥深くに隠蔽されることになる。
2174   バフラム、火星への武力制圧を開始。
追い詰められたUNSFの火星駐留軍は、残存兵力をもって火星のバシリア・カウンティを襲撃するも、失敗。
これにより、火星圏は事実上バフラムの独裁政権となる。
ディンゴ・イーグリット、木星衛星カリストでの採氷作業中にコンテナを発見。
同時にバフラムからの襲撃を受け、コンテナの中身に隠されていたOF・ジェフティを起動。
ディンゴ、バフラム艦に潜入。ノウマンに撃たれる。
ケン・マリネリス、ダイモス・ステーションにてディンゴを蘇生。
ジェフティ、火星へと降下。マルガリティフェルとの州境を経てバシリアへ。
バシリア上空にて艦隊戦。たった1機のOFに無敵戦艦5隻及び拠点殲滅用OF・ザカートが撃沈される。
バシリアの荒野にてジェフティ・UNSFの共同戦線とバフラムとの乱戦。ジェフティ及びUNSF、地下要塞へと侵攻。
火星の第一衛星・フォボスに建造されたアーマーンが起動。バシリア・カウンティが崩壊の危機に陥る。
ジェフティの活躍でアヌビス、アーマーン消滅。ノウマン死亡。
バフラムは指揮系統を失い、火星圏に再び平穏が訪れる。
217X   軌道エレベーター復旧。アンカーステーション再始動。
ジェイムズとレイチェル、新生エンダー号で火星圏へ向け出発。

※参考文献:

・DVD「Z.O.E2167〜IDORO」設定資料集
・コナミ株式会社、株式会社新紀元社「コナミパーフェクトガイドシリーズ〜Z.O.E」のブックレット
・VAPホームページ「Z.O.E〜Dolores,i」年代記
・「ANUBIS ZONE OF THE ENDERS」限定版付属のブックレット